事務所の職場環境を改善することで従業員の作業効率が上がったり、モチベーションが高まったりする効果があります。

中でも、デスクは日常業務の中で長い時間密着する家具であるため、その善し悪しによって従業員の作業効率は大きく変化します。

TOPping Boardの導入効果をお話する前に、従業員の方々がオフィス環境の変化によってどれだけ業務パフォーマンスに影響があると感じているのか意識調査の結果からご覧いただきましょう。

意識調査の結果、64.8%の方がオフィス環境が仕事の成果に影響すると回答

こちらは2017年に日本オフィス家具協会が行った調査結果です。

調査の結果、従業員の方の中で64.8%の方が「オフィス環境の良し悪しは仕事の成果をあげることに影響する」と回答し、71.4%の方は「オフィス環境の良し悪しは仕事に対するモチベーションに影響する」と回答していることがわかりました。

職場環境を改善することが仕事のパフォーマンスアップに繋がると考えている方は非常に多く、また職場環境を見直すことでモチベーションが高まることもわかっているため、各企業様では従業員の生産効率アップのために職場環境の見直しを行う必要性も感じていただけるのではないでしょうか。

では実際にTOPping Boardを導入していただくことでどういったパフォーマンスアップに繋がるのでしょうか。

TOPping Boardの導入によって高まるパフォーマンス

現在確認できている具体的なパフォーマンスアップは以下の点です。

  • ●従業員同士のコミュニケーションが増えることでヒューマンエラーがなくなり、従業員満足度が高まる
  • ●企業ロイヤリティが高まり、離職率が減少する
  • ●天板によって机の高さが上がり、作業効率が上がる
  • ●他者貢献感が高まり、チームワークが良くなる

一つずつ見ていきましょう。

従業員同士のコミュニケーションが増えることでヒューマンエラーがなくなり、従業員満足度が高まる

前述の通り、職場環境の変化がモチベーションや作業効率に影響を与えると考えている方が多いことからも分かる通り、TOPping Boardを導入したことで職場の環境や雰囲気が大きく変わり、今までの働き方や意識が大きく変わることが確認されています。

コミュニケーションが増えたと感じている方は70%を超える数値となっており、TOPping Board導入をキッカケにして上司や部下と話す機会が増えたり、経営者との理解が深まることで円滑な人間関係が育まれるケースも伺っています。

また、コミュニケーションが増えることで仕事の確認作業が行われ、以前よりもチーム内でのミスや個人の作業スピードが高まったという具体例もあります。

結果として、職場の居心地の良さや人間関係の良化によって仕事への満足度も高まることにつながっています。

詳しくはこちら

企業ロイヤリティが高まり、離職率が減少する

従業員満足度が高まることで、携わっている仕事そのものや就業している企業への満足度も改善され、離職率が減っているご報告も頂いています。

中でも、職場環境改善に取り組まれたそれそのものが従業員にとって喜ばしいこととして受け止められ、従業員の方々↔経営者の距離が縮まったということは実際に導入された企業様方から口を揃えて伺っています。

詳しくはこちら

天板によって机の高さが上がり、作業効率が上がる

ご存知でしょうか?

オフィスのデスクの高さは、JIS規格で決められていたんです。1971年、つまり49年前に決められたルールのデスクが未だに多く使われています(現在は、参考値に格下げされています)。

一方、この49年間で大きく変わったことがあります。

それは、日本人の平均身長です。

この49年間で私達日本人の平均身長は当時に比べて約40mm〜50mm程高くなりました。

つまり私達は体にあっていない規格のデスクで普段仕事をしているということになります。

TOPping Boardは国産杉の無垢板をデスクの上に乗せるため、その分デスクの高さが上がり、現代日本人の身長にとって作業しやすい高さを提供することができます。

実際に導入された企業の従業員の方々の80%以上が『デスクが高くなって作業しやすくなった』という実感を得ています。

他者貢献感が高まり、チームワークが良くなる

導入された企業様への調査の一環として『声紋分析を行った結果』があります。

声紋波形を見ていくことで、感情やモチベーションの度合いなどがわかる調査方法です。

TOPping Boardの導入前後でどのような声紋波形の違いが出るのかを調査したところ、黄色の波形が減少、ターコイズブルーの波形が増加している結果がわかりました。

黄色の波形が減少→ ⾃分のための意識 (⾃⼰中⼼的意識)の数値が減少したという結果

ターコイズブルーの波形が増加→ 他⼈への貢献( チームワーク等) が増加したという結果

この様にTOPping Boardを導入することで作業効率が高まるだけでなく、そこで働く従業員のモチベーションや一人ひとりの関わり方が変わることで、企業としてのパフォーマンスが高められます。

なぜ従業員の満足度が高まったり、他者貢献意識が芽生えるのか?

なぜTOPping Boardの導入で満足度や他社へ貢献する意識など従業員の内面が変化したのでしょうか?

一つは今まで無機的な職場環境だったところから杉材でできた有機的なオフィス環境になることで和やかな雰囲気を感じていただけること。

もう一つは、これはあくまで個人的な見解ではありますが、TOPping Boardを現場に搬入し導入する際の導入作業がチームワークを高めているのではと考えています。

TOPping Boardを導入する際にはお使いの机の上を一度片付けていただく必要があるのですが、各々片付けられる際に従業員の方同士が協力し合ったり、ちょっとした息抜きになったりと、共同意識が高まる様子を拝見しています。

自分たちが働く環境が新しく変わっていくことをともに喜び、変貌を遂げる事務所の雰囲気や感動をともにする同一体験もまた、絆を深めるのではないでしょうか。

このTOPping Boardを通して、私はただ事務所の雰囲気が変わるだけではない、人と人との関わり方が変わっていく様子が見られた時に一番の嬉しさを感じています。