SDGsとは、外務省が管轄している2030年に向けて世界が合意した『持続可能な開発目標』です。

TOPping Boardは“持続可能”な⽇本の⾃然と雇⽤創出に貢献し、循環型社会を促します。

SDGs(持続可能な開発目標)とは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは,2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として,2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され,地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。 SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり,日本としても積極的に取り組んでいます。

外務省-JAPAN SDGs ACTION PLATFORM

「誰一人取り残さない」持続可能で多様性と包摂性のある社会の実現のために定められた2030年を年限とする17の国際目標。(その下に、169のターゲット、 232の指標が決められている。)

弊社もTOPping Boardを通じて可能な限りの国際目標への支援を行っています。

障害者の雇⽤を守る

すべての人のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(働きがいのある人間らしい仕事)を推進する

削り直しの作業は障害者の⽅の就労施設にて⾏います。削り直しながら使い続けることで、障害者の⽅の雇⽤を守り続けることに貢献します。

  • 社名:特定⾮営利活動法⼈HOPE
  • 住所:東京都台東区三筋1-4-16 康江ビル2階
  • 事業:障害福祉サービス事業
作業の様子
施設の作業場

※その他の地域でもエリア毎に連携しています。

日本の森を守る

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る

TOPping Boardの制作にあたり国産材を活⽤することで、現在窮地に⽴たされている、⽇本の林業の雇⽤と、持続可能な⽊材資源を守れます。

廃棄を減らす

持続可能な消費と生産のパターンを確保する

リノベーションのために、既存のデスクを全て廃棄して完全に⼊れ替えるするのでなく、今使っているデスクをそのまま使う事で、無駄な廃棄を減らすことに貢献します。

また、傷や汚れがついても、削り直し対応も行っているため、古い汚れた木肌を削り、新しい木肌を引き出すことで長い間清潔できれいなデスク環境を低コストで維持できます。

TOPping Boardが様々な『人』に役立って欲しい

事業を通して様々な方々からお話を伺ったり、人々の嬉しさも悔しさも体験してきた中で、商品単一で物事を捉えることにいつしか抵抗を感じるようになりました。

すべての物事や人々はつながっていて、この世界に所属する一人としてもっともっと大局的な視点で考えなくてはならないと考えています。

プロダクトに触れてくださった方々の幸せを願うだけでなく、そのプロダクトを生み出す過程や背景にまで繋がりを持たせ、雇用にも、資源にも貢献できるこのTOPping Boardに私は誇りを持っています。

しかしこういった考えや価値観については、導入してくださるお客様に決して押し付けたいわけではありません。まず良い商品として受け止めてもらい、結果として雇用や資源に貢献できている、そんな無意識的な貢献をこのTOPping Boardは生み出しているのだと自負しています。

このTOPping Boardが選ばれ、広がっていくことが、単なる消費ではなく未来への貢献に繋がっていることをこれからも願っています。